梅田シティ法律事務所
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3
大阪駅前第3ビル22階

死亡事故のご相談

ご遺族の方へ

交通事故遺族は大切な人を亡くした悲しみや怒りが続くなか、 事故直後から刑事や民事手続きの対応が必要となります。 私たちは遺族の想いを尊重し、法律のプロとして、 最善の解決方法を見つけたいと思っています。

お問い合わせフォーム ご紹介するのは、遺族の方から今までに 寄せられたご質問です。 そのほか、当事務所のサポート内容・費用・相続の 手続きなど、疑問や質問がございましたら 右記からお気軽にお問合せください。
Q1.被害者が亡くなった場合、加害者に賠償請求できるのは誰ですか?
A1.遺族が加害者に対し、損害賠償を請求することができます。
交通死亡事故の場合、亡くなられた被害者が有していた損害賠償権を被害者の遺族が相続し、加害者に対して損害賠償を請求することになります。相続や賠償請求などは専門的な手続きや判断が必要となります。どんな方法が最も適切なのか、ご遺族の意向に沿いながら弁護士が適切な法的手続きを行います。
Q2.交通死亡事故の損害にはどのようなものがありますか?
A2.故人が将来得られたはずの収入などさまざまな種類があります。
・逸失利益(死亡した方が、生きていれば本来得るはずであった収入など)
・死亡するまでに入院をしていた場合、その治療にかかった費用
・葬儀費用
・慰謝料
Q3.妥当な死亡慰謝料額を教えてください。
A3.死亡事故の慰謝料基準も3つの支払基準が設定されています。
後遺障害慰謝料と同様に「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」の基準が設けられています。弁護士が交渉に介入することで、基準は裁判基準に切り替わります。
【自賠責基準】
死亡本人の慰謝料・・・350万円

【裁判基準】
一家の支柱・・・2,800万円
その他・・・2,000万円〜2,500万円
無料相談のご予約はこちらから。気になることは何でもお気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォーム 予約受付ダイヤル 06-6131-8110電話受付時間:月〜金9:00〜19:00